「ここを見よう!ゲーム専門学校の選び方」

その1.基礎はデッサン!

皆さん、グラフィックデザイナーという職業にはどういった印象を持っていますか?かっこいい・可愛いキャラクターを自らの手で作り上げていく仕事。写実的だったり幻想的な風景を描く仕事。それぞれ多くのイメージがあると思いますが、それらの基礎はデッサン力から成り立っているのです!その基礎をカリキュラムに組み込み、物体の情報や遠近感・色彩の変化などを学ぶことで、画力の上達のみでなく、より多くの発想や創造力を引き出せるようになるでしょう。

その2.資料をかき集めろ!

さあ絵を描こう!とした際、貴方は何かを参考にしていますか?キャラクター1体を作り上げるには、多くの資料が必要になります。ほとんどの専門学校には参考資料としてアニメやゲームの設定資料集、デッサン上達本が置かれているかと思いますが、学校見学などに赴いた際はぜひ、その中身を注視してみてください。そして、自分に合った資料を探し購入してみましょう。中身を理解した上で専門学校に入学した暁には、他の生徒よりも一歩先の貴方になれることでしょう。

その3.環境って大事!

デッサンが出来る、資料がたくさんある。それだけではグラフィックデザイナーを目指すには少し魅力が足りないですよね。絵を描くならCGで!という貴方にとって一番必要なのは快適に描ける環境だと思います。どんなものがいいのだろうか。と悩む方は、今の自分の環境に最も近く、馴染みやすいもの。もしくは将来就職したい企業のある方でしたら、募集要項に明記された求めるCGスキルを参考にすると良いですよ。もしかしたらとても古いPhotoShopを使っているかもしれない、3Dソフトは何だろうか。他にも気になる点は説明会や見学会でどんどん聞いてみましょう。

ゲームの専門学校では、ゲームに関することをパソコンなどを使いながら学んでいくことができるので、ゲームに関する職業に就きたい人には、役に立つことを学ぶことができます。