実戦ではこう使う!信用取引の実際の活用方法

信用取引はどのように活用するのが良いのか?

株取引において信用取引は利益を出すチャンスを拡大させてくれる、非常に有効な取引方法です。「借金と同じなので怖い」と最初は思っていたような人でも、実際に株取引を行ってその有用性に気付くと、信用取引をしたいと考えるはずです。しかし、信用取引が実際に使われる場合、素人が考えるような、単純な買い増し・売りスタートで利用されることは思ったほど多くないのが現状です。では、信用取引は株取引の実際の現場でどのように利用されているのでしょうか。

利殖の確度が高い場合以外は利用を控える

信用取引は有用な取引であることは前述の通りですが、信用取引をするに当たっては株取引以上にランニングコストがかかります。また損失が拡大する可能性もあり、稀とは言っても追証が発生することもあるため、可能な限り信用取引を利用する場面は限定するのが一般的です。従って信用取引は株取引と同じように建玉を持ちっ放しにするようなことは無く、より利益を確保できる可能性が高い場面に絞って短期間で行うように利用するのが確実で安心な利用方法です。

損失を軽微にするために信用取引を利用する

株取引の鉄則は、いかに利益を出すのかではなく、何とかして損失を少なくするという一点に尽きます。従って信用取引も利益を出すために利用する場合よりも、損失を埋め合わせるために利用される場合が多いのが現状です。例えば、株価が上昇すると見込んである銘柄の株を複数購入した場合、それとは対相関にある銘柄を信用取引で数を減らして売却するといった利用がなされます。片方で損失が出ても片方で補えるというやり方は、まさに株取引を売りから行えるようになる信用取引ならではの利用方法と言えるでしょう。

信用取引とは金融用語の一つで株式等を買う際に資金を借りて行う投資方法のことです。これにより自分が運用できる資金の数倍で株式を運用することが出来ます。